散骨をするときの注意点

subpage1

最近注目を集めている散骨ですが、注意点や正しいやり方を知らずに、散骨を行うと、後々トラブルになってしまいますから、事前に注意点や正しいやり方をチェックしておくことが大事です。メリットとしては、残された家族にとっては、お墓を建てなくてもすむため、費用を抑えることができ、身寄りがないことやお墓を管理する人がいないような場合でも、跡継ぎの心配をしなくてもいいといいうメリットがあります。



ただ、お墓を持たないことで、親族から不満の意見がでることも考えられますし、すべての遺骨を海にかえしてしまうと、後悔する家族もいることから、遺骨の一部を手元に残して、手元供養するというのも一つの選択肢といえます。
自然葬の中でももっとも一般的なのは、海に遺骨を撒く海洋散骨です。
この際の注意点としては、遺骨をパウダー状にし、漁場や航路を避けて撒くなどルールがあります。



最近では、散骨が増えてきたとはいえ、専門の船というのは非常に少なく、通常は、釣りや遊覧船などを行うための船として稼働しているのが一般的です。



散骨は、これといって特別な手続きをする必要はなく、政府からも節度をもっていれば、何の問題もないという旨の見解が出されています。ただ、サイパンやハワイ、グアムなどの海外で行う場合には、その国の定めに従って行うことが必要です。
自然葬は、海以外にも山や陸地でも行うことができますが、山などの陸地へ撒く際には、近隣住民などへの配慮が必要になることから、実際に行われることはほとんどありません。