散骨は信頼できる業者に任せるべき

subpage1

散骨は現代における新しい葬り方として広く注目を集めるようになっており、家族が所有する墓石の下よりも、生前に愛した場所に骨を撒いて欲しいと考える人はかなり多くなりました。こういった葬儀の方法を望む人が増えたということは、そうしたニーズに対応する業者の数を増やすということになります。


よって現在では散骨という方法に対応する業者も多くなっているのですが、しかしここで考えなくてはならないのが「依頼する業者は本当に信用できるのか」ということです。



まずそもそも、日本と言う国において遺骨というのはかなりデリケートな存在です。

ある日いきなり自宅の玄関の前に遺骨が落ちていたとするとすぐに警察を呼ぶことになるでしょうし、自宅の庭にすりつぶされた遺骨が撒かれていたと言われて気持ちよく感じる人はいないはずでしょう。



化学的には主にリン酸カルシウムによって構成される生物組織であり、フライドチキンの骨などと何も変わるものではありません。


しかし人骨というのはそれだけで多くの人にとって特別な存在であるため、適当な扱いをされると非常に大きな問題になりかねないのです。ですが散骨という葬儀の方法はまだ比較的新しい方法であり、しっかりとした方法としてはどうすれば良いのか、また何に注意をすれば良いのかということについて十分な議論が出来ているとは言えない状態にあります。

一応法律的には可能であると結論付けられていますが、適当な仕事をする業者だとトラブルを引き起こすことにもなりかねませんから、散骨を依頼する際にはその業者が信頼できるかどうか、しっかり品定めをすることを心掛けてください。