誰の負担にもならない散骨

subpage1

少子高齢化が進み、高齢になればなるほど心配になるのはお墓のことです。



今までは子供や孫といった血縁に墓の手入れを任せることが常識のようになっていましたが、そういった時間を取らせてしまうことさえ気に病む方も増えています。


永代供養で供養してもらえたとしても最終的には墓地に様々な遺骨と共に埋められてしまう、ということが嫌なのであれば散骨を検討してみるのもよいでしょう。
日本では散骨をおこなっているサービスが増えつつあります。

現在最もポピュラーな散骨場所は海で、火葬後に葬儀屋によって骨を砕いてもらい決められた区画に撒いてもらうことになります。


家族の代行で葬儀屋のみで海に出て行くので仕事で忙しい人や中々自由な時間をとれないという家族を持っている人には、死後家族の手を煩わせなくて済むという安心感があります。
現在日本では海に関しての散骨には法が布かれていないので、もし亡くなった方の要望通りの場所に行ってくれる業者が無いのであれば、自分で骨を粉にして撒きにいっても問題はありません。
他にも樹木葬と呼ばれる樹木の下に撒くものがあります。



日本では墓地の樹木のみに限定されており、年間でお金がかかる場合があります。自身が所持している土地であればそこに撒くことは問題がありませんが、土地の所持者が他にいる場合などは許可をとる必要があります。

他にも飛行機で空から粉上にした遺骨を撒く空葬や、バルーンで成層圏まで遺骨をあげていく宇宙葬などがありますが、これらは日本では広まっていません。