散骨をする時に気をつけること

subpage1

大切な身内が亡くなった時は、悲しみで何も手につかないという人も多いです。

しかし悲しんでばかりもいられず、遺族は葬儀をどうするか早めに考える必要があります。


経験がなくてよくわからないならば、葬儀会社の人に相談してみるといいでしょう。



最近は故人の遺言で、海に散骨して欲しいと残す人もいます。
故人が海が好きだった場合、遺族が海に散骨をする場合もあります。
しかし船がない人や、忙しくて海に行くことができない人は困ってしまいます。



そんな人には、最近は散骨をサポートする葬儀会社もあるので、そういう会社に依頼してみるといいでしょう。


船を貸切るプランや、他の人と一緒に船を借りるプランなどがあるので、自分の予算や参加する人数にあわせてプランを選ぶといいでしょう。自分や家族はどうしても忙しくて参加できないという場合は、スタッフが代行してくれるプランもあります。



その時しっかり証拠の写真も撮って送ってくれるので、安心して任せることができます。
海に散骨をする時は、花束と一緒に個人が好きだったお酒やコーヒーなども捧げることもできるので、故人の思い出の品も持って参加するといいでしょう。
経験豊富なスタッフが、お客さんの要望に応えてくれるので、限られた最後の瞬間まで故人と過ごすことができます。


普通の葬儀とは違い自然の中でおこなう葬儀なので、明るい気持ちで故人を送り出すことができます。

散骨をする時は、故人の好きだった歌をみんなで合唱すれば、より思い出に残ることでしょう。