注目を集める散骨と急激に進む仏教離れ

subpage1

日本では、昭和23年依頼遺体を荼毘に付し埋葬する仏教の教義に基づく埋葬方法が常識となっていますが、元々宗教への依存度が非常に低い日本人は近年の大都市への人口集中及び少子高齢化、地方の急激な過疎化などにより急激な仏教離れが進んでいるとされ、25年以内に全国の寺院の約4割が閉鎖に追い込まれると予想されています。



仏教離れは、日本の人口の減少だけが原因では無く、死という人が最も不安定で無防備になる状況に浸け入り暴利を貪って来た葬儀業界と仏教界に対する不満の表れとも言われています。

又、仏教の宗派により、戒名やお布施などに非常に大きな差がある事も問題視されています。

その為、何の価値があるのかわからない数百万円の戒名や高騰する墓地、非常に高額な墓石、無意味な入檀料などが全く無用な散骨への注目が非常に高まっています。



実際に散骨の認知度は90%前後と非常に高く、50歳代〜60歳代を中心に希望者が増えています。特に何らかの理由で独り身になった女性に希望者が多い傾向が顕著に見られ、高学歴ほど散骨を希望するケースが多い傾向も見られます。

エキサイトニュースのことならお任せください。

散骨は、仏教の様に金で買った死後の為の名前である戒名により差別される事の無い万物に平等な自然に還る事が出来、本当の意味での死後の平穏を得る事が出来ると考える人がほとんどです。


遺族も、故人の最後の願い従って散骨する事で故人への孝心を果たせ、悲しみを癒せ心の平穏を得る事が出来ます。


社会の実態

subpage2

散骨は現代における新しい葬り方として広く注目を集めるようになっており、家族が所有する墓石の下よりも、生前に愛した場所に骨を撒いて欲しいと考える人はかなり多くなりました。こういった葬儀の方法を望む人が増えたということは、そうしたニーズに対応する業者の数を増やすということになります。...

more

最新考察!

subpage3

最近注目を集めている散骨ですが、注意点や正しいやり方を知らずに、散骨を行うと、後々トラブルになってしまいますから、事前に注意点や正しいやり方をチェックしておくことが大事です。メリットとしては、残された家族にとっては、お墓を建てなくてもすむため、費用を抑えることができ、身寄りがないことやお墓を管理する人がいないような場合でも、跡継ぎの心配をしなくてもいいといいうメリットがあります。...

more

わかりやすい情報

subpage4

大切な身内が亡くなった時は、悲しみで何も手につかないという人も多いです。しかし悲しんでばかりもいられず、遺族は葬儀をどうするか早めに考える必要があります。...

more

社会の常識

subpage5

少子高齢化が進み、高齢になればなるほど心配になるのはお墓のことです。今までは子供や孫といった血縁に墓の手入れを任せることが常識のようになっていましたが、そういった時間を取らせてしまうことさえ気に病む方も増えています。...

more